読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

「宇宙を駆けるよだか」ネタバレ 第2巻 火賀の愛とインコの秘密

「宇宙を駆けるよだか」ネタバレ結末 第2巻 火賀の愛とインコの秘密

「宇宙を駆けるよだか」作者・川端志季

>>>無料試し読み『宇宙を駆けるよだか』

 


>>>無料試し読み『宇宙を駆けるよだか』

 

第2巻のあらすじとネタバレ


あゆみと然子の入れ替わりに気づいても知らんぷりしていたはずの、しろちゃん。そのしろちゃんがあゆみから「入れ替わりの方法」について聞き出そうとします。

それを聞いたしろちゃんは、うまく然子を丸め込み「ある方法」を試そうと決心します。

あゆみは火賀くんに告白されましたが、彼は自分の気持ちを押し付けるつもりはなく、何があっても応援するから、と約束します。

ところが学校で「火賀が(ドブスの)海根が好きらしいぞ!」という噂が広まり、「ブス専」だの「ネタでしょ」「イケメンのくせにどーゆー趣味?」とひどい言葉を投げつけられます。

みんなの前で「今の海根さんが一番かわいいんだよ、俺にとっては」と言い切る火賀くん。あゆみが好きな気持ちは、見た目じゃなくてあゆみがあゆみだから。それが火賀くんの愛。



それをみていた然子は「あの見た目だったから何もかもうまくいかなかったのに、許せない!」と、ブスで醜くてみんなから馬鹿にされていたはずの顔と体であゆみがイケメンから好かれることが気に食わなくてしょうがない。

今までの人生、通りすがりに「キモイ、ブス」と罵られ、クラスメイトに「隣歩くの恥ずかしい」と然子が忌み嫌われていたのはあくまで『見た目のせい』でなければならなかったわけです。

ブスだったときにも優しくしてくれたしろちゃんが、どうしてもほしい。しろちゃんしかいらない。

小日向あゆみのような綺麗な顔とスラリとした体があれば、自分は愛されるはず・・・

これが然子のアイデンティティのすべてでした。


見た目がいいことで得し続けてきたあゆみが、ブスな然子の体に入って少しは自分の苦しみを味わえばいいのに、と思っていたのに計算違いだったのです。

迷子のインコの秘密とは


あゆみのところに舞い降りた、迷子のインコが「大変なことになりました!」といきなり人間語を話し始めます。

じつはそのインコは偶然によって入れ替わってしまった男性・天ヶ瀬 建造でした。天ヶ瀬は人生に絶望して自殺を図ったところ、たまたまその日が赤月の日で、飼っていたインコと目があってしまったのです。

インコはしろちゃんと然子が、赤月の日に何か悪巧みを実行しようとしていると話します。しろちゃんを親友の火賀くん、あゆみはしろちゃんに「信じている」と言いますが・・・

そしてインコは、宇金真緒が「入れ替わりの方法」を信じる人々に対してカルト宗教のようなことを始め、『別の誰かとして生きられる』と信者を集め始めるのを苦々しく見ていました。

第2巻の結末


「もう一度話がしたい」と真摯に頼むしろちゃんを信じて、指定された場所へ向かうあゆみ。

ところが待っていたのは、然子でした。窓の外を見ると、屋上の階段で火賀くんとしろちゃんがもみあっており、然子は「火賀とあゆみを入れ替えて、もっと苦しめてやる」と言い放ちます。

落下するふたりを見ながら、火賀くんと今入れ替われば助けられる、でもしろちゃんは・・・と迷っているうちにふたりは落ちてしまい、火賀くんとしろちゃんが入れ替わってしまいます。

 

『宇宙を駆けるよだか』を無料で立ち読み


この漫画は電子コミックで、無料試し読みができます。

たっぷり試し読みできるので、面白いかどうかチェックしてみてくださいね。

>>>無料試し読み『宇宙を駆けるよだか』

 

スポンサーリンク