読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

新・ちいさいひと1巻 第3話「SNS」ネタバレ結末 夾竹桃ジン

新・ちいさいひとネタバレ

居所がわからなくなった星野親子を探し、あちこち奔走する相川健太はじめ、青葉児童相談所の職員たち。しかしこれといって確かな情報がつかめないまま、吐夢くんの命に危険が迫ります。

一方、合コン命の新人職員・山下は、定時退社で遊んでいても罪悪感にさいなまれ、真夜中に走り回る健太を偶然見かけて・・・

第3話「SNS」では、心を入れ替えた山下の本領発揮開始です!

 

作品名:新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語

作者:夾竹桃ジン・水野光博・小宮純一

「新・ちいさいひと」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

「新・ちいさいひと」第三話「SNS」あらすじとネタバレ

f:id:mayurising:20170114152908p:plain

通報するべきか、迷うサラリーマン

真夜中になると、毎晩聞こえてくる子供の泣き声に悩まされるサラリーマン。

「さすがに警察に通報したほうがいいか」

とスマホを手にするが、警察が来たらあれこれ説明しなければならないし、自分の名前まで知られてしまう。

明日は仕事で朝から早いし、関わりたくない。

こんなひどい泣き声であれば、近所の人がとっくに通報しているだろうし、別に俺が身ごろしにしているわけじゃない。

「うわあああーん!ママー!!」

サラリーマンは聞こえないふりをして、結局通報せずに眠ってしまった。

サラ金業者に土下座する健太

星野親子の家にあった消費者金融会社の人に会いに行き、「居場所を教えてください!」と土下座する健太。

業者たちはさすがにあきれるが、健太は必死だった。

「それがなあ、俺らにもわからないんだ」

電話には出るが、引っ越した場所を絶対に教えないという。

月末には会う約束をしている、と聞き健太は「息子の吐夢くんが元気かだけでもきいてもらえませんか」と頼む。

「なんで他人のガキのためにそんな必死になる?」

と業者はからかうが、あまりの健太の必死さに「気が向いたら連絡してやる」と口約束だけはしてくれた。

山下の胸に走る罪悪感

夜の街でベロンベロンになっていた山下は、偶然に消費者金融業者たちと話し合いをしていた健太を見てしまった。

無駄になるかもしれないことにあんなに必死になっているなんて・・・

「なんでそんなコスパ悪いことに必死になれるんだよ、あの人」

もとはといえば、自分のミスから始まったこと。

山下は思うところがある様子で、飲みを切り上げて帰ることにした。

コスパ悪いっすよの意味

相談所で吐夢くんの行方を探すためにみんなで報告しあっている中で、環那がお金を借りているサラ金業者にこっそり会っていたことがバレてしまう。

児童福祉司として行き過ぎた仕事に、所長は「一人で勝手に動いてはいけないと指導しているのに、まだわからないの!」と大激怒。

しかし、星野親子は家族、地域、行政から切り離され、頼るものが誰もいない状況に置かれていることに変わりはない。このままでは、吐夢くんが本当に危なくなってしまう。

健太は居ても立ってもいられない気持ちで「もう一度行方を知っている知人がいないか回ってきます!」と立ち上がるが、山下がポツリと言った。

「そうっすよ、無鉄砲に頑張ったって意味ないっすよ。
コスパ悪いっすよ、そんなやり方」

健太は確かに無鉄砲すぎだが、山下の態度に腹を立てた塚地が「頑張ったって意味がないだと!?なめてんのか!」と胸ぐらをつかむ。

SNSによる捜索開始!

「だったらおまえのいうコスパのいい方法ってあるのかよ」

「もちっス!」

山下は決して健太を馬鹿にしたわけではなく、やみくもに探し回るよりも現代のつながりツールである「SNS」の活用を提案してきた。

健太から中学・高校の同級生にはまだあたっていないことを聞いた山下は、環那が通っていた高校のコミュニティを見つけ出し、彼女の同級生たちと接触することに成功した。

直接の情報はもっていなかったものの、環那がもっているアカウントをつきとめ、最近投稿していた写真の中から倒れている子供の手が見えた。

やはり、吐夢くんは危ない。

そして投稿写真からだいたいの生活圏を割り出し、環那が同棲している彼氏の部屋を見つけることができたのだった。

吐夢のせいで人生めちゃめちゃ、という母親

環那の彼氏は突然やってきた児童福祉司たちに驚いた。話を聞くと、彼氏は環那に3歳になる吐夢くんという息子がいることすら知らず、本名も教えてもらっていなかった。

部屋の中にあがりこみ、吐夢くんを探すがいない。つまり、環那は吐夢くんを別の場所に放置しているのだ。

環那はその頃、吐夢さえいなければ自分は彼氏と一緒に人生を再出発してやり直せるのに、と人生がめちゃくちゃになったのは息子のせいだ、と考え始めていた。

「新・ちいさいひと」第三話の感想

今回は、仕事は二の次、という新人山下クンの汚名挽回なお話でした。たしかに健太の必死さ、真剣さはわかりますが、人探しで直接走り回るだけが能ではないということですよね。もっと効率的な方法を使えば、かんたんにみつけだせてしまいます。

山下はおちゃらけた男性ですが、「人脈構築術」はあなどれないものがあり、合コンでつちかってきた交際術・人脈探しはピカイチです。人間というのは適材適所、と言えます。

環那がママ友たちとのつきあいでSNSを使っているだろうと踏んで、そこから情報を探し始めました。そしてついには現在の居場所も突き止めてしまいます。

けれども、母親である環那は「息子が邪魔」と思い始め、ますます吐夢くんが危険な状態に。健太たちは果たして間に合うのだろうか・・・次回へ続きます。

>>無料試し読みはこちら

 

 第4話ネタバレ

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク