読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

セカンド・マザー~のぞみの場合~ネタバレ結末 第2話

自分が里子だと知らないまま、子供のいない夫婦のもとで育ったのぞみ。けれど、弟が生まれたことで家族の態度が変わっていきます。

特に、もともとのぞみのことを「血のつながりがない子」として嫌っていた祖母・悦子が辛くあたるようになり、憎々しい言葉の端々から「実の子ではない」と疑惑をもちはじめ、戸籍謄本を見てしまいます。
    
作品名:「セカンド・マザー~のぞみの場合~」

作者: あしだかおる・渡辺やよい

「セカンド・マザー~のぞみの場合~」の無料試し読み

この漫画は「ストーリーな女たち Vol.18」に収録されており、電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

「のぞみの場合」第二話のあらすじとネタバレ

ママの子供じゃないの!?と悩むのぞみ

戸籍謄本に自分の名前がなかったことで、食欲がなくなってしまうのぞみ。

ごはんが進まずに「食べたくないの」と言うと、「今の子供はわがままだねえ。もともとの生まれの悪さかねえ」と祖母が嫌味を言ってくる。

のぞみの様子がおかしいことに気づいた母は、部屋に来て「何か悩みがあるなら、お母さんに言ってちょうだい」と声をかけるものの、つい意固地になって「なんでもない!ほうっておいて!!」と叫んでしまう。

祖母にドロボウ扱いされる


ごはんを抜いてしまったのぞみは、真夜中にお腹が空いて冷蔵庫を漁っていたが、それを祖母に見られてしまう。

「ああいやだ!ドロボウかと思ったら、おまえかい!
意地汚いねえ、あんたは野良犬の娘だね!!」

そんなひどい言葉を投げつけられ、のぞみはダッシュして部屋に戻る。

騒ぎを聞いた母がやってくると、祖母はのぞみが盗み食いしていた、と言い生まれが悪い子はなんとかしないと、と言う。

母はのぞみがふてくされている理由がわからずに戸惑い、「干渉しないほうがいいのかしら」と思うようになっていく。

家に祖母とふたりきり!陰湿ないじめ


父が仕事で一ヶ月間アメリカに行くことになり、しかも母の父親が入院したために母が見舞いに行くことになった。

のぞみは学校があるから、と祖母とふたりで家に残されてしまう。

両親がいないことをいいことに、祖母はのぞみに陰湿ないじめを開始した。

わさびが苦手なのぞみに、わさびをたっぷり入れた寿司を無理やり食べさせ、「野良犬の娘は高級寿司が口にあわないのかしら」と笑う。

そして寿司を床にぶちまけて、食べないと母親に言いつけてやる、と脅してお腹を壊したのぞみはおもらしをしてしまった。

「ぜんぶ食べないと、トイレに行かせないよ!」

母が帰ってくるまでのあいだ、のぞみは地獄のような嫌がらせにひたすら耐え続けていた。

子供は弟だけでいい


やっと帰宅した母親に、笑顔で出迎えたのぞみは祖母のいじめを言えなかった。

父も外国から帰ってきて、日に日に成長してかわいくなる弟を「いっちゃんが初めて歩いた!」と喜び、夢中でかわいがって愛し、のぞみは日陰の存在となっていた。

「さすが俺の子だ!」
「私の子でもあるのよ!」

血のつながりのある、初めての息子・・・本当の子に夢中になり、夫婦はのぞみのことをすっかり忘れてしまっていた。

「子供はいっちゃんだけでいいみたいね」

祖母はそんなのぞみに意地悪を言い、のぞみの心を傷つけた。


「のぞみの場合」第二話の結末


いっちゃんがいなくなればいい。

弟が誕生したことで、のぞみは自分の居場所がなくなり、忘れ去られていることに耐えきれない思いでいた。

おばあちゃんは昔から意地悪だったし、ママが一番愛してるのは私だもん。

それだけがのぞみの心の支えだったが、母はのぞみが描いた家族の絵を見て、「どうしていっちゃんがいないの?」と一番大事な赤ちゃんだから真ん中に描くように、という。

今までは自分が真ん中だったのに・・・どす黒い気持ちがわきあがり、ベランダへハイハイして落ちそうになっていた弟を見たのぞみは、「いっちゃんがいなくなれば、ママもパパも昔みたいに私のことを一番に考えてくれる」と、両手を突き出して・・・

「のぞみの場合」第二話の感想

のぞみのおばあちゃんが、あまりにも性格が悪く意地悪過ぎて読んでいて胸がムカムカしてきました。

血がつながっていないという理由で、以前からのぞみのことが気に食わなかったようですが、実子である一郎が生まれたことでのぞみを本気で追い出しにかかっています。

のぞみの気持ちを考えると、この両親は身勝手だなあと感じます。子供がいないからともらってきて、本当の娘のようにかわいがってきたのに、いざ息子が生まれたら一切かまわなくなってしまいます。

母親はある程度、のぞみの立場について感じるものがありましたが、やはり赤ん坊に夢中で娘は後回しになっています。祖母のいじめで追い詰められたのぞみは、自分の存在を脅かしている弟がいなくなればいい、と黒い気持ちを持ってしまいますが、責められないですよね。

このまま、のぞみは弟をベランダから突き落としてしまうのか。次回、かなり緊迫しています!!

 

第三話の感想

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク