読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

セカンド・マザー~ひかるの場合~ネタバレ結末 第1話

セカンド・マザー~ひかるの場合~ネタバレ結末

事故で失ってしまった我が子。「もう一度、あの子のぬくもりを感じたい」と10年経っても忘れられない母親・西田仁美。

ボランティアで行った先の養護施設で出会った少年・ひかる。亡くした長男にどこか似ているひかるに惹かれ、仁美は夫とともに新しい家族として彼を迎え入れます。ですが、ひかるは虐待の傷をもっていて一緒に暮らすことが容易ではない状況で・・・。

この漫画は子供がほしい夫婦と、実の母親によって虐待されて親の愛情を知らない男の子が出会い、やがて「家族」となっていく感動のお話になっています。

    
作品名:「セカンド・マザー~ひかるの場合~」

作者: あしだかおる・渡辺やよい

「セカンド・マザー~ひかるの場合~」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

※まんが王国先行配信作品

>>無料試し読みはこちら

「ひかるの場合」第一話のあらすじとネタバレ

10年前の辛い記憶


「ママー」

幼い息子が横断歩道を渡り、車が迫る。

「だめよ、コーちゃん、こっちにきちゃだめ!」

10年前に、交通事故で亡くなってしまった光太。西田仁美はずっと息子のことが忘れられず、今も事故の記憶に苦しんでいた。

『養護施設の子供たちと一日楽しくあそびませんか?』

そんなボランティア募集のポスターが目に入ったのも、「もう一度子供がほしい」という思いがずっとあったからだった。

ボランティアに参加する夫婦

ボランティアの条件は、夫婦参加。仁美は夫に一緒に参加してほしい、と言ってみる。

「仁美、そんなことして大丈夫なのか」

仁美の心の傷が癒えてないことをわかっていた夫の圭吾は、妻を気づかってそう言った。

「もう10年だもの。私達のコーちゃんはいないけど、子供と触れ合える機会がもてるならと思って」

気が進まないならあきらめる、という仁美を見て圭吾は一緒に参加すると約束する。

ひかるとの出会い

児童養護施設にはたくさんの元気な子供たちがおり、久々に子供と触れ合えた喜びで満たされる仁美。

ひとりだけ、輪の中から外れた少年・ひかるを見つけ、「コーちゃん!?」と亡き息子の面影を見つけて驚く。

「子供たちの笑顔に元気をもらった」と、いろいろ思い出してしまった、という圭吾。また行こうよ、と言ってくれたので、仁美はコーちゃんに似たあの子にまた会える、と胸を高鳴らせる。

自宅に戻り、息子の遺影に手を合わせる仁美は「コーちゃんにしてあげられなかったことを、誰かにしてあげたい」と語りかける。

訳ありの子供

次のボランティア活動で、張り切ってお弁当を作った仁美。元気よく食べる子供たちと違い、ひかるはひとり離れて座っていた。

「ねえ君、おばさんのお弁当を食べてみない?」

声をかけて肩を叩いただけなのに、少年は「ウウワアア!」と声をあげて泣き出す。

「ひかる君はわけあって、他人との接触を異常に嫌がるんです」

施設の職員がそう言ってひかるをなだめたが、プライバシーがあるから、とその理由は答えてくれない。

子供に全身全霊で拒まれるのは初めてで、呆然とする仁美だったが、帰り道に圭吾が「ちょっと光太に似ていたな」というのを聞いて甘酸っぱい気持ちになる。

そして、「例の事故現場」に差し掛かり「こっちの道から帰りましょう!」と夫を引っ張る。

まだ、仁美は息子の死から立ち直れてはいないのだった。

里親になることを決める夫婦

もう一度ボランティアに行くと、何人かの子供が「里親」のもとに引き取られたことを知る。そしてひかるに「おばさん、ひかる君と仲良くなりたいな」と話しかけ、歌を歌って聞かせる。

歌いながら、息子のことを思い出して涙ぐむ仁美を、ひかるは初めて見た。

圭吾はただのボランティアという立場で、子供に深入りしそうな仁美に「俺達はしょせん、ボランティアだ」と釘を刺す。

「わかってる!どんなに仲良くなっても、私の子じゃない!
でも、関わりたいの子供と、コーちゃんと幸せだったあの頃みたいに」

つらい気持ちを吐き出す仁美に、圭吾は謝る。

子供ができづらく、光太は長い不妊治療の末にやっと授かった大切な子供だった。わずか4年で失い、子供はもはや望めない。

そして圭吾もまた、もう一度子供を慈しみ育てて深く関わりたい、というのだった。

養護施設の子の里親になろう、と二人で決めて里親登録する西田夫婦。

里親委託の連絡があり、子供に会いに行くとそこにはあのひかるが待っていた。

「ひかるの場合」第一話の感想

交通事故で失った息子に似ているひかるを見つけ、仁美は「もう一度子供を育てたい」という強い思いを持ちます。

子供のいない夫婦が里子を受け入れる、ということはよくあるそうですが他人の子供の一生を引き受けるという意味で生半可な気持ちでできることではありません。

もうひとつ、児童養護施設にいる子供たちは何らかの理由で実の親に見捨てられており、それだけ心に傷をおっているわけです。

この漫画に出てくるひかるという少年は、母親からひどい虐待を受け、ほかのどの子よりも心に深い闇を抱えていました。

暴力を受けて育ったため、普通に触れただけで過剰な反応を示していたのです。西田夫妻のように心から子供をいつくしんで育てたい!という思いを抱いた親であっても、そうした子供を育てるのは簡単ではありません。

ですが、傷ついた子供が一番欲しがっているものーー『親の愛情』をふんだんに持ち合わせている夫婦ですので、ひかるくんにとってもこれ以上ない両親ですね。

亡くなった息子に似ているから、というきっかけで縁ができ、それが今後どのように親と子として接していけるのかがこの漫画の見どころです。

お話のつづきは試し読みから読めます。

>>無料試し読みはこちら

 

第2話のレビュー

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク