読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

Say,good-bye 表題作のネタバレ結末 中野純子

 急逝した中野純子先生が遺した最後の短編集「Say,good-bye」こちらでは、短編ラストになる表題作のあらすじと感想をご案内します。

姉と弟の、歪んだ愛情ーー美人で婚約者もいた姉が、事故で足を失ったことをきっかけにすべてを失い、弟と禁忌の関係に・・・けれど時が過ぎて「幸せ」を考え始めたときに、ふたりの別れが訪れます。

Say,good-byeのあらすじ

結婚する、という姉


森本悟は姉・真から「もうやめよう。これっきりでおしまいにするのよ」と、二人の関係をやめようと言い出す。そして、結婚する、と。

ふたりのことは誰も知らない。始まったのは、姉が交通事故で恋人に捨てられ、両足も失くしたころからだった。

肉親の愛情と献身から弟に支えられて生きてきた真は、「それだけで一生を過ごすなんて無理」だと告げる。

悟が自分を支え愛してくれたことで、ようやく「普通の幸せ」を夢見るほどに、強くなれたのだという。たとえ、ふたりがもう「姉と弟」には戻れないとしても。

車椅子生活の真と結婚相手

真の学生時代は、活発でかわいくて美人でスタイルもいいと評判だった。「あんな姉ちゃんがほしい」と友達にうらやましがられていた悟は、「姉」を超えられる女性が見つからず、誰にも恋をしなかった。

事故で不自由な体になり、車椅子生活になった真は不幸だったが、悟の心の中には「これで真はおれのそばを離れない」という独占欲から内心喜ぶ自分がいた。

二度と動くことがない姉の足。だが、姉にプロポーズした職場の同僚・水原は車椅子の花嫁でもいい、という。

未来を見て生きる姉だから好きになった


「強い女性ですよね。どこででも毅然として、自分に甘えを許さない」

水原はそんな姉の支えになりたいのだ、と悟に話す。それを聞いて、悟は皮肉な気分になる。

「なんなら教えてやろうか。おれが『どんな風に』真を支えてきたか」

真にとって、今までの自分は何だったのか、と考える悟だったが、「幸せになろうねお互いに」という姉は、すでに未来を見て生きていた。

そんな姉だからこそ、好きになったのだ、と悟は別れを受け入れる。

さよならという結末

真もまた、悟のことを弟というよりも「ひとりの男」として愛した。でもお互いに幸せになるためには、今「さよなら」を言うしかない。

「愛してる」という、最初で最後の言葉を告げ、弟から離れていく真。

悟の手元に残されたのは、美しい花嫁姿の姉の写真だった。

「Say,good-bye」の感想


表題作となる「Say,good-bye」は、愛してはならない人を愛してしまった男女の切ない別れのお話でした。兄妹、姉と弟、とい禁断のシチュエーション萌えが好きなかたにとっては、たまらない内容です。

「好き」「愛している」と言うのは簡単だけど、それを人生で貫いていくのは難しい。たとえ好きでも、社会的に認められない関係だったり、一緒にいると傷つけあってしまう状況であれば、「幸せ」を見つけるために別れるしかなく、それが「さよなら」に込められています。

病で急逝された中野純子先生の最後の短編漫画集ということもあり、より切なく感じてしまいました。

通り一遍じゃない、綺麗ごとだけでもない、生々しい恋愛。自分の気持ちに素直になって、お互いの幸せを願いながら前向きに生きていくこと。

そんな作者の思いが伝わってくる珠玉の短編でした。

 >>「Say,good-bye」続きを読む

 

 こちらの記事もおすすめです

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク