読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

Say,good-bye 中野純子 漫画ネタバレ「アタシに愛を!」

 中野純子先生は「週刊ヤングジャンプ」で活躍した人気漫画家でしたが、2012年に病で急逝され、その才能を惜しまれている作家です。

「Say,good-bye」は、中野先生の選りすぐりの作品を集めた短編漫画集で、子供だけがほしい女性と妻が子供を欲しがらない既婚男性との恋や、禁忌の間柄の兄妹など切ない男女関係を描いた作品が収録されています。

こちらでは第1作めの「アタシに愛を!」のあらすじと感想をご案内します。

作品名:「Say,good-bye」

作者:中野純子

 

>>「Say,good-bye」無料試し読み

 

Say,good-bye「アタシに愛を!」のあらすじ

子供がほしいけど結婚したくない女性


田中一郎は妻にプレゼントする絶版写真集を探すために、個人フリマ雑誌を読んでいた。

だが、ある個人広告が目に入ってしまい、それどころではなくなる。

「アタシに 子を!」

その内容は、25歳のOLが子供はほしいけれども結婚はしたくないから、遺伝子を提供してくれる男性を募集するというもので、その気があるなら手紙をくださいという。

一郎は思うところがあって、その女性・山田愛子に手紙を出した。

自分は32歳の既婚者で、妻はベストパートナーであり傷つけたり別れたりする気はないこと。

ただ、妻との間に子供がもてそうにないので、男として自分の遺伝子を残したいし、僕の血をわけた子供をしっかり育ててくれるのであれば、あなたに協力したいと考えたーーと正直に自分の思いをつづった手紙が愛子のもとにとどき、数ある応募者の中から一郎が選ばれる。

甘い言葉の必要がない関係


「健康優良、偏差値と人生は人並み、顔はイマイチ」と正直に書いたことが気に入ったのか、愛子は一郎を協力者に選んですぐに打ち解けた。

「今まで、何度か恋愛っぽいことをしてみたけど、恋しいとか愛しいという感情がわいてこない」

だから、結婚だなんてめんどくさくてという愛子は、非常に割り切った性格だった。甘い言葉など、一切必要がない関係。

家に帰ると一郎は妻の愛情を求めたが、妻は仕事一筋のバリキャリで、子供を欲しがらない。

一郎はこれまで妻以外の女性を知らなかったが、実際に愛子と会ってみて、彼女と自分の妻との違いを意識するようになる。

いっそ自分が女なら


一郎は妻のことを愛してはいたが、一緒にいると満たされなかった。

一郎の父は昔気質で「女は子供を育てて家を守ればいい」という考えの持ち主だった。それで家庭はうまくまわっているように見えていたが、父の定年退職の日に母親が三行半をつきつけた。

母はずっと子供のために我慢していたのだ。「これからは自分の人生を歩きたい」という母を、一郎はカッコイイと感じた。そして父のような夫にはなりたくない、とも。

電話で体調が悪い愛子に気づき、看病しにいった一郎は、愛子が高校生のときに子供ができて産まない選択をしたと知る。協力してもらっているのに、なかなか子供ができないのは「バチが当たったからだ」と熱に浮かされながら自分を責める愛子。

慰める一郎だったが、「あなたにはわかんないわ、痛みを背負うのは女だけなんだから!」と愛子に拒絶される。

「時々思うんだ、自分で子供を産めたらって」

一郎は自分が女性だったら、妻と逆の立場だったらきっと子供を産んで育てていたのに、と仕事にしか興味のない妻を見てむなしさを抱える。

恋をするのは「ルール違反」


時間はどんどん過ぎていき、一郎は「愛子から連絡がきて、部屋を訪ね、また連絡を待つ」という生活を繰り返していた。一郎からは連絡できない。それが「ルール」のひとつだったから。もうひとつのルールは、恋をしてはいけないこと。

だが「あること」を境に、ふたりの距離が一気に縮まる。

「ルール違反だよ!好きになるのは」

愛子にとうとう恋してしまい、ふたりで決めた「ルール」を破ってしまった一郎。

もう、愛子とは離れられない。

お互いにルールを破って、心から愛し合うようになってしまったふたりの選択は・・・

※ラストはハッピーエンドです!あなた自身で確かめてみてくださいね。

「アタシに愛を!」の感想


一郎も愛子も、「不器用な人」という印象。誠実なのに、妻に対して不実な行動をしてしまっている一郎は、罪悪感を感じながらも「誰かを深く愛したい」という無意識の気持ちから、愛子に惹かれていきました。

一方、愛子もまた心のどこかで愛することに憧れていながらも、「誰にも愛情を感じない」という思いを抱えていて、自分の母親のアドバイスどおりに「結婚が嫌でも子供を産めば、それが生きる力になる」と信じて、冒頭のちょっと信じられない広告(笑)を出してしまいます。

合理的で割り切っているように見えた愛子でしたが、やはり一郎の穏やかさと優しさに自然に惹かれていくように。短編なのに、それぞれがどんな思いを抱えて人生を生きてきたのかが伝わってきて、読み終わったあと胸にズシン、ときました。

登場人物たちが理性的な人ばかりなので修羅場という修羅場もなく、お互いの正直な気持ちを伝えて納得して別れ、生涯をともにする人を選び直します。

大人の恋だなあ、と余韻に浸れるお話でした。

 >>「Say,good-bye」続きを読む

 

 

 第2話「10月のヒロイン」感想

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク