読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

幕西遊郭の漫画「親なるもの 断崖」ネタバレ結末 第一話

「親なるもの 断崖」ネタバレ結末

曽根富美子先生の漫画「親なるもの 断崖」は、昭和初期に実在していた北海道の幕西遊郭を舞台に4人の少女たちが青森からやってきて女郎となって生きていくという過酷な物語。

貧農の娘で親のためにやむなく売り物にされた女たち、そして戦争という激動の時代の中で虐げられながらもたくましく生き抜いた女性の姿に、多くの人たちが心を揺り動かされる感動の大作です。

最近、『特装版「親なるもの 断崖」』が発売されて思い出し、所持していた新装版を読み返したところ、不覚にも涙でボロボロ・・・何度読んでもこのお話の深さ、大きさに女として生きていく辛さ、強さに涙してしまいました。

まだ、ご存知でない方にこの作品の素晴らしさを知っていただければと思い、内容をご紹介します。

作品名:親なるもの 断崖

作者:曽根富美子

「親なるもの 断崖」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

なお、これから初めて読む方は『特装版「親なるもの 断崖」』がおすすめです。著者の他読み切り作品(本編とは関係ない内容)が収録されています。

>>無料試し読みはこちら

「親なるもの 断崖」第一話 あらすじとネタバレ

幕西遊郭にきた4人の少女たち

昭和二年、北海道の室蘭。寒風の吹きすさぶ中、ほっぺを真っ赤にした4人の少女たちが人買いに連れられて幕西遊郭にやってきた。

松恵、武子、梅、道子。いずれも青森の貧農の娘で、その当時は飢饉のせいで農家の娘たちは「娘身売相談所」を通して人買いに買われ、遊郭に売られていったのだった。

松恵と梅は姉妹、武子は近隣の村にも評判の器量良しの娘で、初めから売り物として育てられたという。道子は値段がつかないほどの醜女で、女郎にさえなれず、下働きをさせられる。

地球岬【親である断崖・ポロチケウ】の近くには、幕西遊郭があり、室蘭の街は重工業で栄えていた。名もないタコ部屋労働者を縛り付けるために、遊郭もまた必要とされていた。

いきなり初見世に出される松恵

青森から着いたばかりの4人に、幕西遊郭の女将は早速、ここで生きていくことの厳しさをわからせる。

いくらか情のある人買いが4人のために熱いうどんを頼んだが、女将はそのうどんを蹴飛ばし、女郎には女郎の食いもんがある、と言い放った。それでも腹をすかせていた娘たちは、畳に落ちたうどんの束をすくい、むさぼり食う。

さらに女将は一番年上の松恵を見て「もう大人の体だ」と、今夜から客をとってもらうからね、と直吉に初見世の準備をさせる。

着いた早々に、覚悟も決まっていないまま物を扱うように連れ出された松恵を見て、お梅は泣く。

松恵の死、呆然とする娘たち

抵抗する術もなく、松恵はいきなり女郎として格子の向こう側に座らされ、客をとらされる。ウブな娘に、あまりにむごたらしい出来事は、松恵の心を壊してしまった。

部屋で松恵は首を吊り、それを知った娘たちは突然のことに呆然とし、悲しみに泣くことしかできなかった。

桶の中に入れられた物言わぬ松恵。梅は姉は本当は好きな人がいて、その人のところに嫁に行くはずだった、と話す。無情な女将は松恵の借金のぶんを、梅に背負わせると言ったが、梅は「おら、ねえちゃんのことは恨まね」と、幕西遊郭で生きていく覚悟を決める。

十一にして女郎になった梅

そのとき、梅はまだ十一歳。まだ子供の体であり、しばらくは見習いの半玉として過ごすはずであった。けれども梅は自ら女郎になりたいと直吉に頼み、女将の許しも得ないうちから仕事を始めた。

初めての玉代は、姉の松恵の墓をつくるために使った。

もう青森には帰れない。

今日からここがおらたちの親であり、子である。

幼いながらに梅は自らの生き方を決め、静かな強さで生き抜く決意をしていたのだった。

「親なるもの 断崖」第一話の感想

松恵、武子、梅、道子の4人の少女たちは架空の存在ですが、彼女たちとほぼ同じ境遇で生き抜いた女性たちが実際におり、完全なフィクションとも言い切れません。

貧困の中、生きていくために仕方ない、と子供を売る親。そして親や兄弟たちのためだから、と黙って従い、売られていく娘たち。こうした時代があったのは、ほんの100年にも満たない前のことであり、女性がどれほど虐げられてきたのかとゾッとしてしまいます。

けれども、このお話はそうした悲惨さだけではなく、時代に翻弄されながらも決して屈さずに「生き抜くこと」を常に念頭に、強い意志で生きてきた女性の姿が描かれています。

梅の姉・松恵はショックのあまりに死を選んでしまいましたが、梅は姉のぶんまで強く生きようと決意し、どんな恐ろしい目にあっても泣き言を言わず、男たちの毒にまみながらも蓮の花のようにしなやかに美しく成長していきます。つぎの話へつづきます。

>>無料試し読みはこちら

 

 第二話ネタバレ

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク