読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋ネタバレ 第3話東陽楼の姐さん

声なきものの唄ネタバレ結末

 つぶれてしまった須賀屋から、一流の大店「東陽楼」へ移ったチヌ。源氏名を「小菊」から「千鳥」に改め、チヌが若様に気に入られていることを見抜いた楼主が、若水公三郎をチヌの旦那にしようと画策します。

ところが、東陽楼の一の太夫である紅緒が若様に惚れていたことで、チヌはにらまれてしまうように。女たちの陰湿なイジメの中でチヌは精一杯頑張りますが・・・。

 

作品名:声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

作者:安武わたる

「声なきものの唄」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。
※現在まんが王国で3巻まで先行配信中。

>>無料試し読みはこちら

「声なきものの唄」第三話 あらすじとネタバレ

東陽楼で「千鳥」になるチヌ

須賀屋の主人から「東陽楼へ行け」とだけ言われていたチヌは、東陽楼の主である藤富から自分を買い上げたと知る。チヌが若様に気に入られている、ということは女郎たちにもすでに広まっており、しょっぱなから嫉妬の目を向けられた。

須賀屋の楼主夫婦はチヌを売った金で夜逃げしたと聞いたが、チヌは「あんうちにゃ幼い子もおったですけん」安心した、と告げた。

早速、東陽楼の「お職(最上位)」である紅緒の下で、「千鳥」と名前を変えて2ヶ月後に「初見世」を大々的にやるためにレッスンを受けることになる。

先輩女郎たちの嫉妬

紅緒は自分の禿の美緒を紹介し、チヌに三味線やら行儀作法を仕込み始めた。「若様が女嫌い」だという話は、廓中の女たちが体当たりでアタックしてもまったくなびかないことから噂が広まっていた。

遊郭の主たちは若様から土地を借りているため、何とか女郎を通して若様を籠絡しようとしていたが、一向に興味を示さなかった。その若様が、なぜかチヌにだけは心を開いて気に入るそぶりを見せている。そんな話を、もちろん先輩女郎たちがおもしろいわけはない。

紅緒はチヌに対して悪意はなかったが、やはり若様のことが好きだった。「あん方は誰のもんにもならないお人。それがええんや」と、自分だけではなく、誰も手に入れられない風のような人だから、とあきらめていたのだった。

若様にかわいがられるチヌ

女郎たちが受ける定期検診の日、たまたま帰りに若様と出会ったチヌ。先輩女郎たちがわらわらと彼を囲んだが、声をかけたのはチヌだけだった。

「チヌちゃん! 東陽楼に移ったんだって? 一流どころだ。よかったね」

と優しく話す。そして字が読めないと知ると、今度絵本を持っていこうとまで言ってくれた。

若様の優しさに触れて喜ぶチヌだったが、遊郭に帰ると先輩たちからのキツイお仕置きが待っていた。

「先輩を差し置いてしゃしゃり出て!」

若様にヒイキされていることが許せない先輩たちは、チヌを寄ってたかって折檻した。

初見世のお披露目「洗い髪の千鳥」

「千鳥」としての初見世のために、豪華なお披露目の衣装ができあがっていた。楼主はひそかに若様に「あの何にも染まっていないところが若様のお気に召したのでしょう」と、酒宴の約束をもらってきた。

だが当日、若様からもらった絵本が隠されて見つからず、さらに髪結いが現れないために洗い髪のままで酒宴に出ることになってしまう。

「人魚姫だね」

と、絵本の童話に出てくる人魚のようだと褒められたチヌは、最高の笑顔を見せた。

先輩の嫌がらせで髪を結わない姿で現れたチヌは、かえって目立ち「洗い髪の千鳥」として名前を広める結果となった。

若様とは話をしただけで何もなかったが、「旦那として世話をする」と申し出があり、若水公三郎は正式にチヌの「旦那」となった。

嫉妬する紅緒

紅緒太夫は、若様に近づくチヌのことが腹立たしくて仕方なかった。まもなく港を仕切る極道の親分に身請けされることになってはいたが、心は若様を慕っていたからだ。

ある日、禿の美緒に「須賀屋に匂い袋を落としたから取ってきてほしい」と頼まれ、チヌはひとりで須賀屋へ向かった。

ところがそこには紅緒が裏で頼んだチンピラたちが待ち構えており、袋詰にされて船に乗せて売り払う算段になっていた。だが、使用人の栄太がチヌを探しにきて大声で助けを求めたため、チヌは大事なく助けられた。

去って行った太夫

チヌは連中が紅緒の手によるものだと知り、紅緒から恨みを買っていたことに気づく。だが、「何もわからない」と嘘をついて、紅緒を守った。

それを聞いた紅緒はたまらず、自分から罪を告白した。

「うちのモンにならんのなら、誰のモンにもさせとうなかった!」

若様を慕うあまりに、チヌに嫉妬して騒ぎを起こしたと告白し、紅緒はべらぼうに高値で身請けされて去っていった。

枕元には、なくなっていたはずの絵本を置いてーー

「声なきものの唄」第三話の感想

「千鳥」として一流の店で女郎のスタートを切ったチヌでしたが、女郎たちの境遇からすると非常に恵まれていたようです。権力がある、若く美しい公三郎にも気に入られ、そのことで先輩の嫉妬を買って嫌がらせをされたりとひどい目にあってしまいます。

けれど紅緒太夫も気の毒な女性で、賭場で借金を作ったろくでなしの父親のために売られ、苦労していたのにさらにまた借金を負って好きでもない男に身請けされて去っていってしまいました。

「身は買われても、心はうちのもの」

と、女郎であるがゆえに、愛する人に愛しているとも言えず、ままならない運命を受け入れて生きていくしかない辛さが伝わってきました。

チヌも苦労知らずなわけではなく、過酷な運命に翻弄されているひとりですが、遊郭にいる女郎たちはそれぞれに苦しい事情を抱えながらもその生き様に女性として生きる強さを感じさせられました。

 >>無料試し読みはこちら

 

 

第四話の感想

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク