読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

僕を殺さないで!漫画ネタバレ結末(難病児虐待殺人事件)

虐待漫画

外崎コウ作 漫画「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」は、悲惨な実話をもとに描かれたお話です。

我が子よりも男を選び、虐待死という最悪の結末が起こります。

「僕を殺さないで!」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

 

「僕を殺さないで!」ネタバレ

あたしはあの子の母親だったのにーー のちに事件を回想する、母親の浅田智子(25歳)。

実家暮らしの出戻り娘

始まりは、夫との離婚で転がり込んだ実家暮らしからでした。智子はめんどくさがりで家事もせず、実家にお金もいれずにいるプータロー。

そのだらしない性格のせいで、前夫に離婚されていました。

難病の息子とネットで知り合った男

息子の武は5歳で、先天性多尿性腎臓不全という難病をわずらっており、普段薬を飲めば日常生活に困難はありませんが、智子は武の世話を理由に働き口を見つけずになまけていました。

一日、家でゴロゴロしてやっていることは、スマホでネット経由で知り合った男・山中恭介とおしゃべりしたり、メールをやりとりすることでした。

彼は29歳、Y県に住んでおり、智子と同じくバツイチ。智子は実家の母からうるさく働けとせっつかれているのが嫌で、恭介が「じゃあ出てこいよ。一緒に暮らそう」という誘いにのってしまいます。

家を出て男のもとへ

会ったこともない男だというのに、喜んで息子も連れて行っていいか、と聞く智子。「たぁと離れたくないの、たぁも一緒でいい?」と尋ねて「いいよ」という恭介に「3人で幸せに暮らそうね」と約束します。

智子は武に新しいパパができるかもしれないよ、よかったね、と語りかけます。難病あってもとても素直ないい子の武を見て、智子はすぐに恭介とも仲良くなるだろう、と高をくくっていたのです。

捜索願を出す実家の両親

「智子が出ていった?」

実家の父親が、見知らぬ男のもとへ行くと息子を連れて出ていったことを知り、激怒します。

親に黙って出ていくくらいだから、ロクな男じゃないだろう。せめて武だけでも連れ戻さなくては、と両親は捜索願を出して智子たちの行方を探そうと大騒ぎになります。

恭介を敵視する息子

「やっと会えた、うれしい」と、恭介に抱きつく智子。遠いところからよくきたね、男同士仲良くやろう、とにこやかに笑う恭介。

けれども武にとって恭介は見知らぬ他人であり、母親をとってしまう誰だかよくわからないおじさんでした。

智子は自分の好きな人だから、きっと息子も好きになってくれる、と思いこんでいました。「ほら、たぁ、かぁの大好きな人だよ、ごあいさつして」と促しますが、「やっ」と拒否します。

てれているのかなー、と初対面だから緊張しているんだろう、と二人は考えますが・・・

キレて虐待する男

智子が夢見ていた、好きな男性とのアパートでの三人の生活。だらしない智子でしたが新生活にわくわくしており「あたし、一生懸命に家事をやるわ」と言います。

武は不安そうに、「たぁは、かぁとずっと一緒だよね?」と見上げます。「おじさんも、仲間に入れてね」と恭介が武に話しかけますが、横を向いて口をきこうとしません。

まったくなついてくれる様子もない子供に、恭介も苛立ちがつのりはじめます。

とうとう、夕食時にむくれた態度を見せた武に「わがままいうと、食わせないぞ!」と怒り、智子におまえが甘やかして育てたからこんなわがままで言うことを聞かない子になったんだ、とキレます。

難病で発育が遅れて、上手にごはんを食べられない武に、「汚い食べ方をするな!」と怒鳴り、病気だからと言ってもしつけは必要だ、と思い切り手の甲をつねり、武を泣かせます。

「いいかい? これは武が上手に食べないから罰を与えているんだよ」

と、したり顔で説教する恭介。しかし、武は「ヤダーもう食べない!おまえなんか嫌いだ!」と叫び、恭介の形相が変わります。

母親も一緒に虐待

体で教えるのが一番いい、と智子が止めようとしてもしつけと虐待はまったく違うものなんだ、と言うことを聞かない子に体罰は必要だという恭介。

そして、「それができないなら、一緒に暮らせない」という恭介に、智子は「あたしを見捨てないで!」とすがります。

大声で泣いて近所に聞こえてしまう、という恭介に必死で泣き止ませようとする智子でしたが、「ばかぁ!」と反抗する武をみて、恭介は襟首つかんで浴室にたたきつけます。

「親に対してバカとはなんだ!」

そんなことを言う悪い子は、こうだ、と熱湯シャワーを浴びせる恭介に、さすがに智子は青ざめます。

けれども恭介はおまえもやるんだ、と言い、智子は彼に逆らったら嫌われてこのアパートから追い出されてしまうと感じて、武の虐待を一緒になってはじめてしまいます。

「僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~」結末と感想

母親が再婚相手と一緒になって、自分の息子を虐待して、死に至らしめてしまう。そんな最悪の事件がこの漫画です。

智子は武くんをかわいがっていたのに、男に捨てられたくないあまりに自分の子供を犠牲にしてしまいました。彼に嫌われたら生きていけない・・・彼に捨てられたらどうしよう。そんな思いを利用されてしまったのです。

しかも、武くんは難病をもっていて普通の子よりも体が弱く、アパートの中で虐待と食べ物をまともに与えられない日々に次第に弱っていき、亡くなります。

せめて、実家の両親が武くんを見つけてくれるまで生きていてくれれば間に合ったのに、と本当にかわいそうです。こうした児童虐待死事件が起こるのは、「しつけ」と称した暴力で起こるケースが本当に多いです。



この漫画でも恭介の残酷な虐待行為が本当にひどく、目をそむけたくなるような暴力が幼児に向けられ、ゾッとしました。「しつけと虐待」の違いを、もっと世間に広く周知する必要があると感じます。

智子はいい母親とは言えませんが、この男との出会いさえなければ親子でそれなりに幸せに暮らしていけただろうに、と出会いで人生を左右されてしまう怖さを感じるお話でした。

>>>無料試し読み『僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~』

スポンサーリンク