読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を駆けるよだかのネタバレ結末ブログ

ブスと美人の入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」のあらすじ、ネタバレ、感想、無料試し読みを紹介

スポンサーリンク

Say,good-bye ネタバレ結末 中野純子「有千花」

中野純子先生の最後の短編漫画集「Say,good-bye」収録・第4作めの「有千花」。

親の仕事の都合で転校ばかりの双子の兄妹が出会った、妖しいまでの美しさを持つひとりの少女・有千花。

ミステリアスな有千花の魅力に、男女関係なく惹きつけられ、美しいがゆえに疎外されてきた有千花に憧れてしまった藤木亮一の妹・亮子は・・・

 

作品名:「Say,good-bye」

作者:中野純子

 

>>「Say,good-bye」無料試し読み

 

Say,good-bye「有千花」のあらすじ

転校してきた双子の兄妹

両親の度重なる引っ越しにうんざりしていた藤木亮一の妹・亮子は、双子の兄妹だった。

このたびやってきたのは、閉鎖的な小さな田舎町。こういう小さい町はなじみづらい。

亮子は兄とクラスが別になってしまったものの、同じクラスのひとりの少女に目が吸い寄せられてしまう。

誰よりも美しい、真っ白い肌に長いまつげ、つややかな黒髪の少女は、森有千花といった。

見とれていた亮子を、有千花がジロリとにらむと、その瞳は美しい緑色だった。

「うわあ、ミドリ色の目だ!きれいねえ」

有千花の祖母はフランス出身で、その血を受け継いだ有千花は綺麗な碧眼。

子供のように綺麗だ、とはしゃぐ亮子に、最初はキツイ目をした有千花も微笑む。

有千花と友達になる亮子

亮子は自宅に戻ってからも、有千花の美しさを家族に夢中で話した。

「あんなきれいな子って初めてだよ!」

こんな田舎にあんなきれいな子が、と言って母親に叱られる亮子。

クラスの他の女子たちは、「友達の彼氏を横取りした」などと有千花をハブっていたが、亮子は有千花のことが気になってどうしても仲良くなりたかった。

よくない噂ばかりされているのは知っていても、彼女のことを知りたい。

亮子は積極的に有千花に話しかけ、やがてそんな亮子に有千花も心を許すようになる。

祖母は自分と同じ目の色で、すごく美人だった、と憧れだと話す有千花は、いつか自分もああなりたいのだと話す。

綺麗なドレスを着て、豪華な宝石をつけて、社交界のパーティで男たちを魅了した、という祖母のようになりたいのだと。

制服を着た有千花よりも、美しく着飾った有千花はより美しく似合っているーー亮子は心からそう思った。

男子たちの噂話

一方、妹が有千花に熱をあげる様子を見ていた亮一は、男子から有千花に関する良からぬ噂をさんざん聞かされていた。

立っているだけで目立つ、大人っぽい綺麗な女の子。

だが「大人っぽい」のではなく「オトナ」なんだ、という。お金と引き換えに、誰とでもオッケーだと。

「彼女なら、やるかもしれない」

ただの噂話にしか過ぎないが、妖しい魅力のある有千花なら不思議はない、と有千花と亮子のことを見守っていた。

そしてある日、母親が「不良だと噂されている」有千花が亮子と付き合っていると知って、亮子を責めだした。

今まで転校ばかりで、土地に溶け込むのに必死で子供たちの気持ちなんか考えていなかった母親に、亮子は爆発して大喧嘩になってしまう。

不良に襲われる有千花を助けた亮一

家庭内の騒ぎから逃げ出した亮一は、竹やぶで有千花が不良に押し倒されている現場に出くわした。

「やめてよ!はなして!」

「毎度毎度、あんな金が払えるか!」

というやりとりから、二人の関係が見え隠れしたものの、亮一は「嫌がっているだろ」と不良を止める。

だが、腕っぷしの強い不良にボコられ、倒れてしまった亮一は一瞬我を忘れて大きな石で不良の頭を叩き込む。

意識を失って倒れた不良を見て、やりすぎてしまった、とふるえる亮一を、有千花が「行こう」と腕をとって一緒に逃げ出して・・・

「有千花」の感想


転校先のクラスにいた美少女・有千花に夢中になってしまう亮子。そして成り行きで有千花を助けるために、不良に大怪我をさせてしまった亮一。

亮一は遠くから有千花を見守っていましたが、異性をとりこにするようなミステリアスな美しさに、亮一もまた無意識のうちに有千花に惹かれていました。

この小さな閉鎖的な町が大嫌いで、お金を貯めてどこかよそへ逃げ出したい、と思っていた有千花。事件をきっかけに、煙のように消えてしまいますが

『再会してしまったら、有千花にハマってしまうかもしれない。だから現れるな』

と思う亮一の心・・・有千花は有千花で、友情を感じていた亮子のために亮一をかばいました。

二度と会えなくても、一生忘れられないような鮮烈な印象を残して消えた有千花・・・魔性の女の魅力で、不思議な味わいがあるお話でした。

 

 こちらの記事もおすすめです

yodaka.hateblo.jp

Say,good-bye 漫画ネタバレ 中野純子「盛春少年」

中野純子先生の遺作となる珠玉の短編漫画集「Say,good-bye」収録・第3作めの「盛春少年」は、複雑な家庭に育った高校生・裕太が、親の再婚相手の娘・みのると入学式で再会する物語です。親はすぐに別れて、ふたりが暮らしたのは実質1年間。

裕太に会いたくて、こっそり同じ学校に入ったみのると、「みのるには会いたくなかった」という裕太。その理由とは・・・

 

作品名:「Say,good-bye」

作者:中野純子

 

>>「Say,good-bye」無料試し読み

 

 Say,good-bye「盛春少年」のあらすじ

入学式で再会したみのると裕太


北海道にいたはずの岸みのるが高校の入学式にいて、岡崎裕太は驚いた。

父親に隠して同じ高校を受験したというみのるは「逢いたかった」と言うが、裕太は逆にみのるとは二度と会いたくなかった。

すでに、裕太は新しい女性とも出会い、関係をもっていた。

みのるのことを忘れて、心を切り替えてやり直すはずだったのにーーと悪夢を見ているような気分になる。

卓球部に入る裕太、みのるはマネージャーに

かわいらしいみのるが人目を気にせずにベタベタするせいでクラスから浮いてしまい、孤立してしまう裕太。

卓球部の部長・安田が声をかけてきて入部するが、安田の目当てはみのるがマネージャーとして入ってくれることだった。

裕太がいるなら、という条件で卓球部のマネージャーになったみのる。

他の人は愛さないという約束

再婚した両親がたった1年で結婚を解消することになる少し前に、みのると裕太は「お互いに一生他の人は愛さない」という約束を交わしていた。

父親の再婚で傷ついていたみのるは裕太に依存するようになり、裕太は「ぼくは一生きみひとりだけを愛する」と約束してしまった。

みのるは、今でもあのときの約束が生きていると信じていた。

裕太はとっくに新しい女性がいて裏切っていたが、みのるを傷つけたくないので隠し、前と同じように振る舞う。

血の繋がった兄妹だったふたり

合宿で起きたある事件のせいで、ふたりはただの義理の兄妹だったわけではなく、父親が同じ血の繋がった異母兄妹だと周りに知られてしまう。

『あの約束』はそれを知る前に交わしていたが、みのると裕太が離れ離れになる直前、そのことを知ってしまった。

それでもみのるは裕太に約束してね、と願って泣き、裕太はみのるの心を守るために誓う。

「わたしが裕ちゃんを好きで、裕ちゃんがわたしを好きならそれでいい」

幼いころの誓いのままに、ずっと好きでいてほしいというみのる。

「盛春少年」の結末


裕太はみのるに、理子の存在をずっと隠していたが、母親の経営している店で理子と一緒に過ごしていた現場を見られて『あの約束』を破り、みのるを裏切っていたことを知られてしまう。

理子はみのるを呼び出して「裕太はみのるを裏切ってはいない」と話し、心だけで一生結ばれることは素敵だけれども、大人になったらどうすれば一番いいのかわかるはずだと諭す。

裕太はみのるに選択肢を与え、みのるは裕太との愛を成就させたいと願うが・・・

※ラストはあなた自身で読んでみてくださいね!

「盛春少年」の感想


親同士の再婚により、義理の兄妹だと思っていたはずが、血のつながりのある禁忌の関係。そのことに気づいたときには、すっかりお互いを好きになっていたわけで、みのるは裕太との約束だけを胸に生きてきました。

裕太も似たようなものでしたがみのるを忘れてしまおうとしていて、父性愛のような「守りたい・傷つけたくない」という強い気持ちと、一度理性が飛んだら抑えられない激情があって我慢し続けていました。

「我慢するのはもう嫌だ」と、みのるの気持ちに応えようとした裕太でしたが、結局は常識を捨て去ろうとしても捨てきれなかったために「他人」になることを選びます。

お互いのことが好きで愛し合っているのに、別れなければならない二人というのはすごく切ないものです。

学校で見つめ合っても、もはや言葉を交わそうとすらしないふたりの姿が、どうしようもないやるせなさに満ちていました。

 

>>「Say,good-bye」続きを読む

 
※「盛春少年」は短編集「Say,good-bye」に収録されています。

 

こちらの記事もおすすめです

yodaka.hateblo.jp

スポンサーリンク